スポンサーリンク

ビーノ(5AU)を直す⑤ (バッテリーの開封から充電まで)

ビーノ(5AU)を直す④ (バッテリーの購入)からの続きです

前回のブログでバッテリーを購入したので、今回はバッテリーを充電していきます。

バッテリー液を本体にセット

今回購入したバッテリーはGS YUASAのYT4B BS。値段は張りますが、信頼性はあるようです。

このバッテリーはバッテリー本体と電解液が別々になっているタイプで利用するためには電解液を本体に入れなければいけません。

逆に言うと電解液を自分でセットするので間違いなく新品といえます。

このタイプのバッテリーを購入したのは初めてでしたが、説明書を見ながら電解液を本体に注入。簡単にできました。説明書には20分ほどそのままにしておくように注意書きがされていました。

バッテリーの初期充電

バッテリー液の注入後、すぐに利用はできるようですが、説明書に「より快適なエンジン始動のため充電をお勧めします」と書いてあったので、初期充電を実施。

充電は前回の指摘を踏まえ、今回は屋外の電源で行いました。

1時間ほどで充電が完了。次はバッテリーの交換です。

次の記事:ビーノ(5AU)を直す⑥ (バッテリーの交換)

スポンサーリンク
スポンサーリンク