スポンサーリンク

日帰りロングライドにオススメなサドルバック4選

しまなみ縦走用にサドルバックを購入

今年もしまなみ縦走イベントに参加してきます。私はサイクルバックを持っていないので、毎年このイベントにはリュック+トピークの小さなサドルバックで参加していました。

しかし、リュックやサコッシュだと知らず知らずに体に負担がかかっているということで、今年はリュックはやめ、サドルバックのみで参加しようと思い、新たに購入しました。

オススメのサドルバック

「しまなみ縦走」でサドルバックに入れる予定のもは以下のものです。

・ウィンドブレーカーや替えのアンダーウェアのウェア類(天候による)
・汗拭き用のタオル
・カギ
・スマホ
・スマホ用のバッテリー
・完走後の参加賞(完走証、今治タオル等)
・補給職

ツール類はボトルタイプのケースに入れます。また日帰りですので今回は10ℓ以下のサイズで選びました。

Bike’n Hike Bag

今回のサドルバックを購入するにあたり散々迷ったあげく私は、これを買いました。

RawLow Mountain WorksさんのBike’n Hike Bagです。

[blogcard url=”http://www.inmyroom.club/archives/1720″]

容量:8~10ℓ 重量:360g。

最大の特徴は目的地で自転車を降りた後にリュックとして肩にしょうことができます。

結局これに惹かれて購入しました。

この記事を書いている時点では注文直後でレビューができませんが、容量はそれなりに入りそうですし、旅先で肩にしょえるのは便利そうです。ただ、難点なのがその値段。税込み17,280円は根性がいりました(笑)

私が良く見ている「けんたさん」のレビューが後押ししました。

TOPEAK(トピーク) Back Loader バックローダー 6ℓ

Bike’n Hike Bagの購入するまでの候補がこちら。トピークのバックローダーの6ℓです。

Bike’n Hike Bagを買うまで本当にこっちを買おうか凄く迷ってました。

容量:6ℓ 重量:445g

このサドルバックの利点は以下の通りです。

・コストパフォーマンスが良い (アマゾンだと5,800円程度)
・中のエアーが抜けるリリースボタン抜きで荷物がコンパクトにたためる
・大きさの調整が可能(荷物が少ない時にはコンパクトにできる)
・専用のドライバック付き

正直なところ、コストパフォーマンスを考えるとこれが一押しだと思います。

トピークの前はこれで迷いました。こちらも6,000円弱です

オルトリーブのサドルバックLサイズです。

容量:2.7ℓ 重量:330g

このシリーズはサイズはS、M、Lがあり、Lサイズの購入で迷いました。

オルトリーブのサドルバックは取り付けに専用の取り付け具をつける必要があります。

取り付け具のメリットはシートポストにしっかりと固定される為、ふらつきがないようです。また、取り外しも簡単。そして他のサイズ(S、M、L)との交換も簡単です。

トピークのバックと比べると容量が少し小さいですがこちらもロングライド、ポタリングにはお勧めのサドルバックだと思いました。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量サドルバッグ

容量:13ℓ 重量:500g

ドッペルギャンガーのサドルバックの良いところは3ℓ~13リットルと幅広い用途に使えることです。最大容量は13リットルありますので1日用のバックとしても使えそうです。

また、2ルーム構造という特徴をもっており、荷物のアクセスが簡単にできるそうです。

1泊のサイクリングも考えている方にはオススメです。

今回は日帰り用のサドルバックを購入しました。

今後は1泊のサイクリングにもチャレンジしたいので1泊用のサドルバックも選んでみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク