スポンサーリンク

ステップワゴンRP リアカメラ付きドライブレコーダーの取り付け②

前回の記事からの続きです。

今回は配線を後ろまでもっていきます。

リアカメラの配線をするために、コードを後ろに這わせていきます。
前扉の部分はウェザーストリップを外して、上部のカバーに配線を隠していきます。

2列目のシートの上部に線を這わすには、Bピラー(上部ドアとスライドドアの間の柱)のパネルを外す必要があります。

上の写真の隙間にパネル外しを突っ込んでパネルを外すとボルトが見えてくるので、ボルトを外して手すりを外します。


Bピラーのパネルを外すには手すりの中にあるボルトを外す必要があります。

シートベルトを止めているカバーはつまんで上に引っ張ると外れます。

シートベルトを止めているボルトも外してパネルの上部を緩めます。
(配線が隠せればよいのでパネルをすべて外す必要はありません。)

配線は以下のように通していきます。

3列目も同じように上のパネルの隙間に線を入れていきます。


その③へ続く

スポンサーリンク
スポンサーリンク